外壁塗装の名人

外壁塗装業者の選び方、損をしないために必要なこと

外壁の塗装が落ちる原因とおすすめの補修対策

外壁の塗装が落ちてしまった場合、補修をする必要がありますが、補修工事を行うにはそれなりの費用がかかってしまいますよね。補修をしたいけど、どの程度の工事をしたらいいのか判断が難しいところではないでしょうか。

今回は、そんな悩みを解決するために、外壁塗装が落ちてしまう原因とおすすめの補修対策をまとめてみました。

外壁塗装が落ちてしまう原因は?

そもそも外壁塗装が落ちしまった状態というのは、外壁の塗料がしっかり塗られておらず、取れてしまっていることをいいます。外壁塗装がそのような状態になってしまう原因は、いくつか考えられます。

まず、単純に外壁塗装の下処理が適切ではなかったことが考えられます。例えば、下塗りをする際は外壁にぴったりつけるために、壁をきれいにしておく必要があり、高圧洗浄機の洗浄やひび割れなどの補修をする「ケレン」といわれる作業をします。

次に考えられるのが、下処理の後には外壁の材質に合わせて下塗りの材料を分ける必要がありますが、その下塗りの材料が適切な塗料で塗られていないという可能性もあります。

最後に建物の構造上避けられない理由で起きてしまう場合があります。

外壁塗装のおすすめの補修方法

外壁塗装の落ちた部分が小さい場合は、専門の施工会社に工事を依頼することはもったいないですよね。そんなときおすすめなのが、外壁塗装をDIYで補修することです。自分でDIYにより補修するのは難しいと思われるかもしれませんが、意外にシンプルな方法で補修をすることができます。

次におすすめなのが、外壁塗装を専門としている施工会社に補修を依頼することです。上記でおすすめしたDIYで補修をする方法は、あくまで一時的な対応策ですから、いずれは施工会社に依頼をすることをおすすめします。

外壁の塗装がはがれる場合や変色するトラブルは、前述で記載しているように施工に原因がある場合が多いといわれています。通常であれば8~10年ぐらいは保つといわれているのに、わずか2年程度ではがれてしまったりする原因は施工会社にあるかもしれないため、一度問い合わせをしてみることをおすすめします。保証があれば内容によっては、無料で対応をしてもらえる可能性があります。

外壁塗装の補修の注意点

外壁塗装がはがれてしまった場合は、なるべく早めに補修などをする必要があります。なぜなら、外壁のはがれという現象は放っておくと、どんどんと外壁塗装の劣化が広がってしまうからです。劣化をそのままにしてしまい、深いところまで劣化が進んでしまうと、手遅れとなってしまうことも考えられます。

また、外壁塗装の内容によっては、保証の対象にはならない可能性があります。保証にはそれぞれ自社保証とメーカー保証、第三者保証などさまざまな保証制度があります。一度どのあたりの範囲なのか、対象はどんなところなのか、確認するとよいでしょう。保証によっては、施工会社が明らかに不備な工事をしているにもかかわらず、保証にはそのような記載がないなどといわれてしまう可能性もあります。

さらに、外壁の塗装の保証についてはトラブルが多いので、工事を依頼する際には、きちんと保証書を受け取り、保証書に記載されている保証の範囲、期間を確認してから契約をすることをおすすめします。口頭でのみの保証をするという約束の場合、後々トラブルになることが多くあります。

外壁の塗装が落ちてしまったら、すぐに保証の確認を!

自宅の外壁の塗装が突然落ちてしまったら、やはり焦ってしまい、どうしたらよいのか混乱してしまいますよね。今回は、外壁の塗装が落ちてしまう原因と、そのおすすめの補修対策をご紹介しましたので、そんな事態が起きてしまった際には焦らずに、今回ご紹介している内容を思い出していただき参考にしてみてください。

まずは、外壁の塗装工事の保証書を確認していただき、保証の期間、保証の範囲などの確認をしてみるとよいでしょう。

☑私が活用した「外壁塗装見積もりサイトはこちら」
 
           
業界最大級の外壁塗装専門サイト:外壁塗装の窓口

業界最大級の外壁塗装専門サイトである「外壁塗装の窓口」は安心・信頼して外壁塗装を依頼できる優良業者を無料で紹介している第三者機関になります。また見積もり相場についても簡単にチェックをすることが可能です。
単なるご紹介だけでなく、日本国内に存在する外壁塗装業者の中から、独自の厳しい審査基準を満たした「人気塗装業者」のみをご紹介しており、多くの方から信頼されているサービスです。