外壁塗装の名人

外壁塗装業者の選び方、損をしないために必要なこと

難易度高めのタイルの塗装!各メーカーもおすすめのメンテナンス効果とは

種類や材質はさまざまですが、常に紫外線や風雪にさらされている外壁には、塗装によるメンテナンスなどが必要です。以前は、メンテナンスは要らないといわれていたほどのタイルですが、タイルの表面を保護したり、周囲の目地に定期的にメンテナンスをしたりすることが欠かせません。タイルで仕上がっている外壁に、おすすめのメンテナンス方法やタイルを保護するための塗装について紹介します。

タイルの外壁にも塗装は必要か

デザイン性も好評でバラエティに富むタイルは、新築住宅・中古住宅・リフォームだけではなく、マンションなどでも人気のある外壁の材料とされています。

これは、タイルを使った外壁では、メンテナンスフリーであること、つまりほとんどの場合手入れを必要としないことや、ペンキなどで塗り替えしなくてもよいとされていたからです。そのため、タイルを使った外壁には、塗装はしないと考えられていました。

メンテナンスフリーと言われるタイルの特徴は

メンテナンスフリーと言われるタイルの特徴は、耐候性に優れた材料や無機質な材質であることが関係しています。耐候性とは、すべての天候にどの程度耐えられるか、どのくらい抵抗力があるかが確認されており、基準値をクリアしていることになります。そのため、外壁に使用されているタイルに関しては、一般的な塗装による外壁よりも紫外線などの影響はない少ないのです。

また、鉱物や金属、ガラスなどを原料とする天然資源が含まれる無機質な材質もタイルの特徴です。タイルの素材自体は劣化せず、半永久的に使用することができる材料とも言えるでしょう。

タイルにも塗装は可能

メンテナンスフリーとも言われる材質のタイルですから、基本的に塗装はしないことが多いとはいえ、住宅の外壁の種類と状態に応じて塗装することも可能です。

しかし、タイルにはさまざまな種類があり、塗料や塗装の方法も異なります。1枚1枚分かれているタイルか、タイル調になっているサイディングなのかによって、使用する塗料も塗る回数も変わるわけです。いずれの場合でも、タイル自体に塗料を塗るというイメージではなく、クリア塗装でタイルの表面を守るというのが、各メーカーが推奨するタイルの塗装方法です。

メーカーもおすすめ!タイルの外壁塗装は劣化防止に効果的

一般的な外壁塗装は、最初に「下塗り」をおこないます。リフォームで塗装をおこなう場合は、下塗りの前に、高圧洗浄などで水洗いをおこなうことも多いでしょう。その後、「中塗り」を行い、「上塗り」と続けておこなう工程で実施されます。

しかし、タイルの場合は、多くのタイルメーカーが推奨するクリア塗装を2回おこなう方法で進められます。これは、1枚1枚分かれているタイルの場合でも、タイル調になっているサイディングの外壁にも使われる外壁塗装です。このクリア塗装をおこなうと、タイルとタイルの上下や横に走る目地の劣化防止になります。

デザイン性のあるタイルにもおすすめ

タイルには、無地でシンプルなもの、光沢のあるもの、近年人気のあるレンガ調など種類も豊富でデザイン性もさまざま。色も形も大きさも異なるタイルは、組合せや配置を考えるとより魅力的な外装を演出してくれます。

そのため、デザイン性を意識したタイルには、ペンキなどで塗装してしまうことで、その雰囲気や魅力を失わないようにすることも大切ですそこで、外装を専門とするタイルメーカーや塗装の専門業者は、タイルのデザイン性を損なわないために、クリア塗装をおこないます。

タイルの外壁にも使用できる塗装の効果は?

タイルに施工するクリア塗装は、透明のクリア塗料を塗っていく方法です。くすんでいたり、汚れていたりするなら、洗浄してからタイルの表面に透明の膜を塗っていきます。

この方法は、元のきれいな状態に近づけることが可能になる施工方法です。しかし、このクリア塗装の効果がハッキリとみられるのは、新築から10〜15年ぐらいまでが目安とされています。

また、浸透性吸水防止剤を使って、タイルの目地に汚れが付着するのを抑えて、きれいな目地を維持する効果があります。この浸透性吸水防止剤は、劣化を防ぐ効果もある塗料のひとつです。

タイル自体はメンテナンスフリーでも、タイルの目地に使われているコーキングは、材質がウレタン樹脂やシリコン樹脂のため定期的なメンテナンスが必要です。定期的なメンテナンスやコーキングにより、目地部分の劣化を見つけたり、劣化した部分から浸水したりするのを防ぐことができます。劣化が進むと、家屋に大きなダメージを与えることもあるので注意が必要です。

タイル仕上げの外壁でも定期的なチェックでお住まいを大切に!

高級感のある外観を作り出してくれる建築資材のひとつ「タイル」。塗料で仕上げられている壁とは異なり、定期的な塗装によるメンテナンスは必要とはしませんが、タイルの外壁であっても風雪の影響は受けています。ダメージを受けた目地から、お住まいの中に雨水などが入らないよう外壁の状態は定期的に確認しておきましょう。必要な場合には、できる限り早く外壁のメンテナンスや保護を考えて、塗装業者に相談することもおすすめです。タイルの外壁を長持ちさせながら、適切な塗料や塗装方法でお住まいを大切にすることが可能になります。

☑私が活用した「外壁塗装見積もりサイトはこちら」
 
           
業界最大級の外壁塗装専門サイト:外壁塗装の窓口

業界最大級の外壁塗装専門サイトである「外壁塗装の窓口」は安心・信頼して外壁塗装を依頼できる優良業者を無料で紹介している第三者機関になります。また見積もり相場についても簡単にチェックをすることが可能です。
単なるご紹介だけでなく、日本国内に存在する外壁塗装業者の中から、独自の厳しい審査基準を満たした「人気塗装業者」のみをご紹介しており、多くの方から信頼されているサービスです。