外壁塗装の名人

外壁塗装業者の選び方、損をしないために必要なこと

サイディング外壁の塗装、失敗しないための知識とポイントを押さえよう

近年多くみられるようになったサイディング外壁、豊富なカラーリングやデザインでオシャレ感をアップさせています。このサイディング外壁もいずれは劣化、メンテナンスが必要になってくるのですが、いざメンテナンスをと考えた時に塗装の方法や種類、作業方法など分からないことだらけで不安になってしまいます。そんな不安を払しょくすべく、しっかりした知識を身に着けて失敗しない外壁塗装を目指しましょう。

サイディング外壁塗装の基礎知識

サイディングって何?

サイディングとは外壁材の事です。通常外壁の施工には塗装をするのが一般的でしたが、近年サイディングボードと呼ばれる外壁材を外壁に張り付けていく手法が多くとられるようになってきました。これはオシャレな外観と種類の豊富さ、耐水性、対候性など従来の塗り壁に比べ、見た目にも性能的にもよいとする顧客のニーズが増えてきたからです。量産されたボードを張っていく手法ですから、コストを押さえることができるので、注目されている外壁の一つです。

サイディング外壁塗装をする理由

サイディング外壁の塗装をする理由はなんでしょうか。それは劣化やメンテナンスのためです。サイディングが劣化するにつれて、シーリングがはがれる、サイディングボードがひび割れる、サイディングボード自体がはがれる、チョーキングと呼ばれる白い粉が手につくなどの症状が現れます。特にチョーキング現象が現れたら塗り直しのサインともいわれています。メンテナンスの時期ではなくても、サイディングの色あせやチョーキングが付いたら、ひどくなる前に早めの対策をとりましょう。

サイディング外壁塗装の費用

サイディング外壁塗装の相場は使う塗料によって異なります。大まかには塗装面積×塗料代がサイディング塗装費用になります。このほかに人件費や足場代などが加算されていきます。

サイディング外壁の塗装には明確な金額がありませんので大体の平均額を相場として判断します。定価が無いので業者によって金額も様々です。ですが、大まかでも相場を知ることで悪徳業者に騙されない対策にもなるのです。

サイディング外壁塗装の種類との流れ

サイディング外壁塗装の種類

外壁塗装の種類には大きく分けてアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料の4種類があります。一般的に広く使用されているのがシリコン塗料です。特に指定をしなければシリコン塗装を使う業者がほとんどでしょう。しかし、外壁の素材によっては合わない塗料も存在します。一般的なサイディング外壁は窯業系サイディングですが、この窯業系の素材は弾性塗料が合いません。不具合が生じてしまう可能性があるので注意が必要です。

サイディング外壁塗装の流れ

サイディング塗装はどのように行われるのでしょうか。まずは高圧洗浄で汚れを落とします。汚れをきちんと落としておかないとはがれの原因となり、今後の防水性に大きな影響をきたします。クラックと呼ばれるヒビを補修、下処理します。次にシーリングをはがし新しいシーリングをかぶせていき、塗装をしていきます。塗装は「下塗り」「中塗り」「上塗り」と3度の塗りを行います。下塗りは塗装をはがさないための接着効果の役割を果たします。中塗りで塗装に厚みをつけ、最後に仕上げの塗装、上塗りを行い完成します。

サイディング塗装の注意点

サイディング塗装の際に注意すべき点は、サイディング外壁がどんな施工方法(工法)をしているかを知ることです。サイディングには「通気工法」と「直貼り工法」があり、この工法を把握していない業者が塗装工事をすると、失敗してしまう可能性があります。

なぜなら通気工法は塗装が可能ですが、直貼り工法では塗装ではなく張り替えを推奨されているためです。直貼りは水が入り込むとサイディング自体がめくれ、はがれてくる欠点がありました。そのため2012年4月以降は通気工法が標準工法として国土交通省の品質法で定められたのです。

また通気工法でも合わない塗料があります。それは弾性塗料です。吸水性が高く、表面に熱をためやすい性質があります。そのため伸びる素材を持たせた弾性塗料を塗ってしまうと熱を受けて膨れてしまうためです。

下処理をしっかりと行うことも注意する点です。クラック(ヒビ)の補修やシーリング補修をしっかり行わないと劣化が進み、劣化した箇所から内部に侵食、雨漏りの原因となります。シーリング補修には打ち替えと打ち増しの2種類がありますので、どのような補修をするのか業者に確認するのも良いでしょう。

大切な我が家を守るために

サイディング外壁の塗装はただ塗りなおせばよいものではなく、サイディングの施工方法、相性、メンテナンスの必要性、コストや工程を知っておくだけで、修繕時の見積もりや業者とのやりとり、また大切な家を任せる安心感が格段に違います。外壁はおしゃれな外観のためだけではないので、多少でも知識を持っているのと持っていないのとでは大違いです。大切な我が家を守るために、しっかりした知識をもち、業者任せにせず、不安や疑問をぶつけて納得した塗装をするようにしましょう。

☑私が活用した「外壁塗装見積もりサイトはこちら」
 
           
業界最大級の外壁塗装専門サイト:外壁塗装の窓口

業界最大級の外壁塗装専門サイトである「外壁塗装の窓口」は安心・信頼して外壁塗装を依頼できる優良業者を無料で紹介している第三者機関になります。また見積もり相場についても簡単にチェックをすることが可能です。
単なるご紹介だけでなく、日本国内に存在する外壁塗装業者の中から、独自の厳しい審査基準を満たした「人気塗装業者」のみをご紹介しており、多くの方から信頼されているサービスです。