外壁塗装の名人

外壁塗装業者の選び方、損をしないために必要なこと

外壁塗装を含むリフォームでよくあるトラブル事例と対策・解決方法

外壁塗装の窓口はこちら

外壁塗装などを含むリフォームは、金額も大きく、大がかりになることもあるもの。万が一トラブルが起きた場合のことを考えると、気軽に発注するのは不安ですよね。

そこで、ここでは、外壁塗装などの工事にまつわるトラブルの事例を紹介。事前に回避するための方法や、トラブルが起きてしまった場合の対処法についても、併せてご案内します。

外壁塗装でトラブルになりやすい事例

外壁塗装などのリフォームには、トラブルがともなうことがあります。もっとも問題になりやすいのは、ご近所とのトラブルや、発注先の塗装業者との間のトラブルです。
まずは、それぞれのトラブルについて、原因や、トラブルの内容などをみていきましょう。トラブルの原因には、リフォームにともない必然的に発生してしまうもののほかに、人為的なミスによるもの、業者の質によるものもあるため注意が必要です。

ご近所との間の臭い・騒音・汚れなどのトラブル

ご近所との間で起こりやすいトラブルの事例は、次のようなものです。

  • 騒音
    外装塗装には、どうしても、足場を組み立てる際の金属音や、施工部分を洗浄する機械の音など、耳障りに感じられる可能性がある音がともないます。作業員の話し声や車両の通行音なども、近隣に不快感を与えることがあります。
  • 臭い
    外装用の塗料には刺激臭がするものも多く、臭いが不快に感じられるケースが少なくありません。また、頭痛などの体調不良を引き起こし、クレームになる場合もあります。
  • 汚れ
    洗浄の際に汚れた飛沫が飛び散ったり、塗料が飛んでしまったりして、隣家の車や洗濯物などを汚損してしまうトラブルもあります。

このほか、車両が近隣住人の通行を妨げる、作業員の喫煙による副流煙被害などの問題もあります。

業者との間の品質・契約内容・費用などに関するトラブル

トラブルが起こるのは、ご近所さんとの間ばかりではありません。依頼先の塗装業者との間にも次のような問題が発生することがあるため、注意が必要です。

  • 相場よりも明らかに高額な料金を請求される
  • 高額な追加発注が発生する
  • 当初のスケジュールから大幅に遅延する
  • イメージと仕上がりが違う
  • 塗り残しや塗りムラなどの不備がある
  • 工事完了後、短期間でひび割れや塗装のはがれなどの不具合が発生する

外壁塗装にまつわるトラブルを防ぐための対策ポイント

無用のトラブルを避けるために、また、起きてしまったトラブルをスムーズに解消するために、対策方法を知っておきましょう。ここでは、トラブルを未然に防ぐ対策方法を、「ご近所トラブル」と「業者とのトラブル」の2つに分けて紹介します。
事前に自分で対策をとっておくことで、ご近所との関係が悪くなってしまったり、業者とのトラブルの解決に時間や労力を費やす必要がなくなります。

ご近所トラブルを防ぐポイントは「事前の告知とあいさつ」

ご近所トラブルを未然に防ぐポイントは、リフォーム工事前に近隣の家庭にしっかり、告知とあいさつをしておくこと。工事の期間やいつどんな作業が入るのかを伝え、物品の退避などをお願いしましょう。事前に作業の実態が分かることで、不安感や不快感が軽減され、クレームに繋がりにくくなります。

業者がご近所へのあいさつ回りをしてくれるケースがほとんどですが、施工主自らも、粗品と挨拶状を持ってあいさつに伺うと、印象はさらによくなります。

あいさつ周りの際にご近所から時間帯などの要望があれば、施工業者に伝え、対策を相談しましょう。

業者とのトラブルを防ぐポイントは「リサーチ」と「確認」

業者とのトラブルを防ぐポイントは、事前のリサーチと、疑問点の確認を怠らないことです。

不当な料金の請求などには、一般的な料金の相場を知らなければ気づけません。外壁のリフォームや塗装をするときには、発注前に一般的な傾向をリサーチし、見積もりを複数社取るなどして検討しましょう。

また、「イメージと違う」「見積もりと違う」などのトラブルを防ぐためには、プランニングの段階でしっかりと疑問や納得いかない点を確認することが大切。顧客が納得できるまで対応してくれる業者は、信頼性が高いはずです。

遅延や不備などの問題が発生した場合には、まずは原因と責任の所在の聞き取りを。さらに、保証期間や適用できる保険の有無などを確認して、業者へ対応を求めましょう。

万が一トラブルが解決できないときには第三者機関に相談を

万が一業者との間にトラブルが起きて、自分の力では解決できない場合には、第三者機関へ相談しましょう。主な相談先は「消費生活センター」や「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」です。

  • 消費生活センター
    商品やサービスなどの消費生活全般に関する、トラブルの相談窓口。地方公共団体が運営しています。相談には専門の相談員が公正な立場で対応。「消費者ホットライン」という専用ダイヤルを設けているほか、地域の消費生活センターで直接相談することもできます。
  • 公益財団法人 住宅リフォーム・粉砕処理支援センター
    外壁塗装などリフォームに関する問題を、建築士や弁護士に相談できる窓口。こちらも、「住まいるダイヤル」という専用ダイヤルを設置。リフォーム発注後の相談はもちろん、見積書の無料チェックなど、発注前の相談も受付けています。また、ホームページにはさまざまな相談事例も掲載されているため、似たようなケースをチェックするのにも便利です。

万が一に備えてトラブルの回避法・解決法を知っておこう

外壁塗装などを含むリフォームは、ご近所や施工業者との間に思わぬトラブルを生むことがあります。リフォームを発注するときには、トラブルを想定して、事前の念入りなリサーチやご近所への告知など、対策をしっかり取れるようにしておきましょう。

万が一、解決が難しいトラブルが発生してしまった場合には、第三者機関などを利用して、専門家の力を借りることで知識をしっかり持って、安心して外壁塗装やリフォームに臨んでくださいね。

☑私が活用した「外壁塗装見積もりサイトはこちら」
 
           
業界最大級の外壁塗装専門サイト:外壁塗装の窓口

業界最大級の外壁塗装専門サイトである「外壁塗装の窓口」は安心・信頼して外壁塗装を依頼できる優良業者を無料で紹介している第三者機関になります。また見積もり相場についても簡単にチェックをすることが可能です。
単なるご紹介だけでなく、日本国内に存在する外壁塗装業者の中から、独自の厳しい審査基準を満たした「人気塗装業者」のみをご紹介しており、多くの方から信頼されているサービスです。